スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

雛人形製作工房へ

近くにあっても知らないってことが多々あります。

うちの近くの 伝統工芸節句人形製作工房。  

長江人形 さんと言われますが すごい所でした。

偶然、のぞかせてもらったのですが 圧巻でした。





丁寧に製作されたお雛様がたくさん展示されていました。

どの屏風も美術館展示のふすまみたいでした。

写真を撮っていいかをたずねると スタンバイしたお雛さまとお内裏様

の中から一体ずつを選んで座らせてくださいました。
IMG_0432_R.jpg

装束の絵柄は、刺繍で仕上げてあり、みな違います。
IMG_0433_R.jpg

十二単姿の座り姿がステキ!ものすごく緻密な仕上がりです。
IMG_0435_R.jpg

現代感覚のお雛様もおられました。爽やかな色合いです。
IMG_0437_R.jpg

経済産業省中部経済産業局長賞の「彩り金銀雛」~春の慶日~syou.jpg

お顔がわらべのお雛様。
金銀ビーズを刺繍のチュールが重ねられた着物です。
写真でわかりにくいのが残念!
次回、デジカメ持参でもう一度撮りたいと思います。
IMG_0426_R.jpg
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

いいお顔

お雛様のお顔って違いますね。
わらべのお顔はふっくらの頬が可愛いわ。
お雛様を見るのが好きです。
偶然、旅先で見られると「いい時に来られた」とワクワクします。

現代感覚なの?初めてみました。
こんな色合いの十二単もステキだわ。
きらびやかな時代ではこんなセンスはなかったでしょうね。

香菜さんのスマートフォンはとてもよく撮れますね。
デジカメじゃなくても十分ですよ。

私の携帯じゃ( 一一)

こんにちは。

香菜さん。お雛様素敵です。

我が家にはベンジャミンさんから頂いた可愛いお雛様が飾ってありますよ。

家はお内裏様が右お雛様が左と言う飾り方です。

実家の母がそういう飾り方していました。何でも一般的な飾り方が右がお雛様左がお内裏様なんですって。

京都は私が飾る方法だそうですが・・・どちらも好みで良いようです。

考えてみたら結婚式の時は男性が左女性は右ですね。

こんばんは

素敵なお雛様ですねぇ☆
今の時季に色んなお雛様見るのも心が和みますねe-266
女の子のお節句は華やかでイイです!

爽やかなグリーンのお雛様が良いなぁ~~~~♪
我が家は娘のお雛様は七段飾りで押入れの中ですが
目鼻が付いたお人形は出すものだって言うけど
                それがなかなかねぇ・・・・・・・v-395
                              
お内裏様とお雛様だけでも出して上げなくちゃ~可哀相よね。

No title

こんばんは

すてきですね。
手作り感があふれていますね。
現代風のお雛様、シックな色使いですね。

一昨日行った雛飾りでは平成のお雛様もありましたが、3人官女の袴が淡いピンクで、へぇ~と思ったところでした。
色の使い方の感覚が、時代によって変わってくるのでしょうかしら。

ベンジャミンさん

こんばんはv-266

お顔は京都だかの職人さんに頼んでおられるそうです。
わらべのほっぺは幼さの表れというか子どもらしいですよね。
雛人形は女性に幸せ感を与えてくれるような気がします。

スマートフォンは割合にきれいに撮れますが
この着物の説明ができてなくて残念です。
デジカメをさすれた時には便利です。

子豚のママさん

こんばんはv-266

お雛様は心がほっこりしていいですね~。
お雛様は左右どちらに?というのは
最終的には自由だと聞きましたが
逆を見ると違和感を感じられるんですね。
結婚式の立ち方はお雛様と同じじゃなく
男性左となってるんですか!
それは気がつきませんでした。

陽なたさん

こんばんはv-266

ほんと、女の子のお節句は 華やかでいいですね~。
娘がほしかったです。

娘ちゃんの立派なお雛様は なんと押入れですか!
段飾りは組み立ても片付けも面倒ですもんね。
そっか~、メインの二人だけ並べてもいいんですね。

bashiままさん

こんばんはv-266

bashiままさんも お雛様をご覧になったんですね。
やはりドキッとする新鮮な色づかいでしたか。
色って視覚に訴えて一番心に届きます。
人の好みも時代の流れに沿って変わるんでしょうか。

No title

こんばんは

お雛様、良いですねぇ~
心が、ほっこりします

そろそろ、娘のお雛様(内裏雛)ですが
出さなくちゃぁ~

fuyuさん

こんばんはv-266

娘ちゃんがおられるかたは ご自宅に
お雛様があるから うらやましいです~。

そろそろ出されないと 飾る期間が短いです。
お雛様がある部屋は 華やぎますね。

No title

すてきですね、女の永遠の憧れだわ。
お雛様を作っているところなんですか?展示だけではないですよね?
どれもみなお品のよいお行儀のよいお雛様たちですね。
懐かしい思い出がよみがえるようです。

だけど、部屋はかたずけないと出せないので出すのだんだん遅くなる~
明かりが妙に効果的ですね。
私もどこかから小さな電気、持ってきてその内出さなくっちゃね。
ごちゃごちゃと・・・

奇麗なもの見せて頂き、ありがとう。

No title

こんにちは!

お雛さまって、いくつになっても見とれてしまいます。

顔立ちも、衣装も豪華で素敵なお雛様ですね。
お雛様にも流行があるようで、衣装の柄とか顔も昔とは少し違ってきていますね。

私のお雛さまは、毎年実家で母が飾ってくれています(笑)

はなこさん

おはようございますv-266

2階が工房になっていて 1階で展示販売されてます。
以前は 作るだけだったそうです。

ここで購入すれば 同じ価格を支払い場合
実質、内容が濃い物を入手できます。

v-206がいないv-510が 自分用に
少しずつ揃えていかれる場合が増えているそうです。

灯には 気がつきませんでした。
蛍光灯よりは趣がでますね。

本当は 実物をお見せしたい。
素人の報告より、はなこさんが自分の目で
ご覧になったら 発見や感動があると思います。

babuちゃん

おはようございますv-266

なぜでしょうね?
なぜだかお雛様に心魅かれていまいます。
お雛様の装束や身の回り品にも夢が
詰まっていますよね。

ご実家のみなさんもお雛様をながめて
心おちついて過ごされているんでしょね。


No title

いくつになっても雛祭りが近付くとうれしくなりませんか?
お雛様のお顔も時代とともに変化していきますね。
香菜さんが撮られたお雛様は目元涼しく、モダンだわ。

うちの博物館では一番古いのは明治時代のもので大正、昭和初期のものもあります。
以前はそんな心配はなかったのに、最近は盗難も心配です。
それぞれに各お家で大事にされてきたので、私たちも手入れをきちんとして出し入れします。

私も自分の木目込みの小さなお雛様を出さなくては。
小さいから簡単なんですよ。
娘のは大きくて出しづらくて・・・。


こんばんは(^^♪

お雛さまの工房が近くにあるんですか!
そう言う環境はいいですよね~
私も近くにいたら見にってます。(^^)

男性ですが、お雛様の習慣が好きです。

ひろみママさん

こんばんはv-266

そうなんです。いくつになっても雛まつりには
心がウキウキします。

お顔については、ホント、昔のものとは
造作や表情が違いますね。
明治、大正のお雛さまは 私、ちょっと
恐い?というか なんかなじめません。

お仕事場先では 預かって展示されてるんですか。
預かった以上は責任もって維持の必要が
あって、それも気をつかいますね。

ご自分のものがあるってうらやましいです。
私、処分しちゃった…。反省。

クリントンさん

お帰りなさ~いv-266

ビックリしました。はやいですね
もうパソコンをされるんですね。
お待ちしておりました。

おねお雛さまの工房があることは知っていましたが
なかなか機会がありませんでした。
見学させてもらって貴重な体験をさせてもらいました。

クリントンさんちには お嬢さんのがありますね。
家の中にお雛様がおられると華やかで
気持ちが和らぎますよね。日本のいい習慣です。

No title

こんばんは

一口にお雛様と言っても 本当に色々な顔、柄 表情があるものですね
手作りで一体一体作るとなると お値段もそれなりに・・・

やっぱり お雛様っていくつになってもウキウキしますね
みているだけで テンションあがります

ミセスダウトさん

こんばんはv-266

この工房のお雛様は 一体ずつでも手に入ります。
この顔と この身体 というように
自分で組み合わせて買うことができます。
そして価格は 市販よりも安いです。
(でも、高級品なので高い)

友達が市松人形を買ったと聞きました。
耳にピアスしてるって。
私はその後に行ったので見られませんでした。

よそのお雛さまでウキウキさせてもらいました。
line
プロフィール

・香菜・

Author:・香菜・
日常のいろんなことを
書いています。

以前は お花や ビーズ、
洋画や 韓流ドラマ、
外国料理が好きでした。

line
最新記事
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
リンク
line
検索フォーム
line
FC2カウンター
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。