スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

失敗つづき

いつものことだけど、きのう、きょうと失敗が続いちゃって……。
まずは、お茶っぱを台所の床にぶちまけて…。
でも、ま、これは、大した問題じゃないです。


次に、夕べ、会社から帰った夫が
「玄関にカギがついたままだった」と言って、あらら!

一つ間違えば、泥棒にカギをあげるところだったわ~。


そして、きょう 自転車で 出かけた時のこと。

用事が済んで 出てきて カギをさそうとして
?でした。

カギが ゆうことを きかんのです。

人を呼ばんとアカンかなあ?
困ったなぁ、
と 一歩 後ろへひいた時

あれ?!なんと! 
隣りに 自分の自転車を発見しました!

他人のカギじゃ、カギは開かないんだと
再認識した次第。




ここまでは自分だけの問題だから
「てへへ~」で終わる話なのに
次の失敗は本当に 申し訳ない失敗。




テレビや朝刊で「プーケットで観光船が沈没」
というニュースを報道していました。

知人の娘婿が プーケットで観光船をしています。
早速 「大丈夫?」 とメールしてしました。

そしたら、沖縄では全然そういう話がなく
「え?!」って。

探しても新聞には載ってないって。

ちょうど、プーケットに旦那さんを残して 
娘さんたちが 知人宅へ帰省中。

娘さんは、「大丈夫。夫はバンコクだし
観光船なんて 何万もあるよ」 って。

娘さんが とりあわないから、
余計に心配になったようでした。

「娘さんが言うとおりで
お婿さんは 該当者じゃない」
と メールしましたが、

余計な事をしたもんだ
と反省しきりです。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。(^^♪

失敗は成功の元です。

同じ間違いを二度起こさなければOKで~す。(^^♪

クリントンも慌てものなので気を付けないと。(^^ゞ

クリントンさん

ひえ!ものすごく速く投稿してもらいました。
ありがとうございます。

>同じ間違いを二度起こさなければOK
気をつけます。危ないですが…

そんなの

失敗した内に入らないっすよ!(笑

あたしなんか
この内容程度は日常茶飯事です(^^)v

命まで取られなければ大丈夫です(^^)v(^^)v


そ~思って忘れてしまうんで
成長はあまりないです
(;^_^A


クリントンさんの言う通り
2回目を起こさないようにするのは賢明

自分に言い聞かせます‥
<(_ _)>チス!

なみさん

なぐさめてもらうと、心強いです。

>命まで取られなければ大丈夫…
うひょ!なみさんのお話は、いつもでっかいですぅ。
他人に心配かけないように気をつけて
同じテツは踏まないように…こころがけます。

私も

この程度のことは、良くやってますよ
皆さんも同じのようで、大した失敗じゃないんだわ

自転車の鍵 知らないで乗って行く前に 間違いが分かってよかったです

4番も好意でして上げてることだし、お友達もきっと喜んでますよ

ちいちゃん

私だけじゃないのね と
私も ちょっと安心してきました。

自転車はカギが入らなくて 手におえなかったの。
ぎょぎょぎょ となりました。

沈没船のニュースがその後 全然入ってこなくて
心配です。私が伝えなかったら知らないまま済んでた話でした。
でも、ちいちゃんにそう言ってもらって、ラクになりました。
ありがとう♪

失敗

私だけじゃないんだ~
なんて安心してちゃいけないのよね。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」


書きだしたら香菜さんより勝てるいかも(^^♪

ベンジャミンさん

わ、仲間ですか!うれしいです。(?)
しかも、私が負けそう?

ほんと、仲間がいると こわくないですv-221
喜びも悲しみも失敗も共用しましょう…えへへv-415

No title

v-138の鍵の件、同じようなことを。
ずらっと同じような玄関が並ぶ我がマンション、我が家に着いたと鍵を開けようとしたら、鍵穴がいつもと違う。
あれ??
と思ったらお隣さんでした。

bashiままさん

bashiままさんも、仲間ですね。

カギって一応、よそのものではあかないんだと確認でき
違う意味でちょっとほっとしました。
カギを間違えた時、そのこ人と鉢合わせすると
罰が悪いので 会わなくてよかったですね。
line
プロフィール

・香菜・

Author:・香菜・
日常のいろんなことを
書いています。

以前は お花や ビーズ、
洋画や 韓流ドラマ、
外国料理が好きでした。

line
最新記事
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
リンク
line
検索フォーム
line
FC2カウンター
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。