スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ドクターショッピング

今朝、こんなことがありました。








知人と話していると

突然に 彼女の知り合いのブラジル女性がやって来て

その友達に ペラペラとポルトガル語で しゃべりました。







なに?と思っているうちに

知人が通訳してくれました。

「彼女は 今 病院帰り」と。







彼女は ズボンのすそを めくって

ふくらはぎの 赤黒い ミミズ腫れのようなものを

見せてくれました。







アレルギーですって。

でも、

私の発疹とはちょっと違うなあと思いました。








ブラジル人女性は 私にもわかるように

ジェスチャーで かゆい かゆい とやりました。






そして、突然に 

ズボンを おろして お尻を見せてくれました。







ひえ!






と 思わず 声を出しながらも

お尻の アザのようなものを 

しっかり 見つめてしまいました。 








その 皮膚にも驚いたけれど







いくら女性ばかりとはいえ

お尻を出して 見せてくれたことに

んもう! ビックリしました。









強烈でしたわ~!








医者でも そうやったとか。





ええ!という私に

診てくれたのは 女性の先生との補説があり

ちょっとほっとしました。





そうよねえ。彼女は 日本語をしゃべれません。

だから、見せたほうが てっとり早かったんでしょうね。













ブラジル人女性は 知人に

医者からもらった塗りクスリを見せて  

それから、ビニール袋を逆さにしたので

ダダダッ!と 中の物が落ちて来ました。





え!今度は何?





と思い、手にとってみると

見たことあるクスリを始めとした

いろんなクスリの集団でした。







*ロナイン やら かゆみどめ やら

ミズムシのクスリやら…






人に相談するたびに すすめられたものを

買って 付けてきたらしい。






最初に かゆみ始めたのは 1年ほど前だったとか。

その時は 医者へ行ったみたいです。







飲みクスリが すぐに 効かなかったみたいで

その後は 医者へ行かずに 

クスリをいろいろ 付け始めたようです。







ん~?

でも、もう、きょうは医者へ行ったから

その処方されたクスリを塗ればいいでしょう?









ん?

ああ、そっか、医者に説明するために

クスリの現物を持って行って説明したのね。








そして、そういう経過を知人に報告に来たのかと

思ったのですが、それも違うようです。







今、行ってきた医者を 信用できないので

「どこかいい医者を知りませんか?」

を聞きにきた というのです。







今、処方してもらったクスリを信用できない

ということらしいのです。







それだけ 伝えて 嵐のようにまた

過ぎ去った彼女の背中を見つめていました。






「彼女みたいなのを「ドクターショッピング」と言うのよ」

と知人がつぶやきました。






「ドクターショッピング」という言葉を

初めて聞いた私は 検索してみました。

そしたら、こんなことが書いてありました ←クリックどうぞ






その後、午後になって

お尻を見せてくれた彼女が 

お菓子を持って再訪してくれました。




IMG_3176_R.jpg



白い色は ココナッツと 牛乳のようでした。

プルーンは 種を はずしてありました。

ソースは 黒砂糖のような?お味。

プルーンソースなのか?わかりません。






この彼女が 仕事をクビになって ヒマなので 

いろんな お菓子を作って 持ってきてくれます。

早く お仕事が見つかるといいなと思っています。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。(^^♪

いやいや、ちょっと大変でしたね・・・
突然お尻を見せれれてもね~(≧m≦)

で、クリントンならポルトガル語の通訳が
少し出来たかも。(^^ゞ
Boa Noite ! 「ボア ノイテ」 (こんばんは)
Até amanhã 「アテッ アマンニャン」 (またあした)

(^^♪

おはよう~♪

ブラジルの彼女きっと辛いのでしょうね?
            何とかして治そうと焦ってるのね・・・・・

でもいろんな薬を付けると返って副作用は無いのかしら?

香菜さんテンプ変わったね♪
私も昨夜物色しましたが春らしいのに変えたいわぁ~v-410i-194

おはようございます

わぁ~香菜さん、びっくりですね。
言葉が通じないから見せた方が手っ取り早い、確かに。


ドクターショッピングって言葉を初めて聞きました。
読んでみるとドンピシャの知人がいます。
そうなの、自分が気に入った診断をして下さる先生を探し続けます。
お腹が痛いだけ(?)で3ヶ月間に5,6院ほどを受信します。(年に10ヶ月はどこかに受診しています)

私は眼科でも内科でもすべて同じ薬局にしていますが彼女はそうはいきません。

彼女はかかった医院の近くの薬局を選びます。
同じお薬が山のようにある、と言っています。

こういう人がいることは知っていましたが、これが「ドクターショッピング」というのを初めて知りました。
なるほど・・・・

いろんなお薬を使っているうちにかえって症状が悪化することもありますし、薬同士が良い結果を与えないこともありますし難しいところですね。

クリントンさん

こんばんは。
夕べは遅いコメントをありがとうございました。

ポルトガル語がおできになるといですねえ。
英語と似ている単語もあるにはあっても
なんだか全然違う言葉のようです。
スペイン語とは互換があるようで
ペルー人とブラジル人とは話ができていますね。

陽なたさん

こんばんは。

異国ではいろんな場面で困りますね。
食べ物、医療……

彼女が納得できるオクスリにであって
治っていくといいです。

テンプレート、今はダメですか。
でも、次から次へと新しいものが
でてくるのでうれしいです。
陽なたさんの次のテンプレートを
楽しみにしています。

ベンジャミンさん

こんばんは。

このお話、実はお仕事先の話なのです。
毎日 新しいことがいっぱい出てきて退屈しません。

バンジャミンさんのお友達にも
こういうかたがおられるのですね。

ネーミングもなるほど!と思いました。
医者は患者が納得できるような説明の
勉強がより必要ですね。

bashiままさん

こんばんは。

医者の説明も足りないようですが
患者もじっくりと病気にたちむかって
いかなきゃ、と思いました。

彼女、ひょっとしたら 最初の医者をたよって
もう一度行ってたら 次の方法を考えて
もらえたかもしれないなあと思いました。

いきなりそんな・・・すごい方ですねぇ。
女性同士でも一同びっくりだったでしょう。

結構“いらち”な人ですなぁ。
初日の医者をいきなり初日で信用ならないって。
もうちょっと続けてみないとねぇ。
それか、よっぽどひどかったんですかね?

なんじゃさん

こんばんは。

「いらち」ですか。
初耳なので調べました。
いらいら、いらだつ、短気…系の意味ですね。

と いきなり日本語にひっかかってしまいました。
外国語だけじゃなくて、日本語も難しいです。

彼女がこの日に行ったのは
地元に合併オープンした最新の総合病院です。
名医がいるかどうかはわかりませんが
ひどいとは思われません。

彼女は「いらち」にならずに 
医者を信じてのんびりと治療してほしいです。

こんにちは!

いきなりお尻~!!!
びっくりですね(笑)

ドクターショッピング・・・
ちょっとわかる気がします。

自分は調子が悪いのに、どこも悪くないと言われる。
「本当に?なにか見落としているのでは?」
「どこも悪くないと言うけど、こんなに調子が悪いのはなぜ??」と不審に思う。
このお医者さんは、信用できないから他へ行ってみよう。。。
そんな感じではないでしょうか?

「具合が悪くて心配なのですね。
何も悪いところはないから、安心しなさい。」
などと、患者さんの気持ちを受け止め
耳を傾けてくれるお医者さんだと、落ち着いて行動できるのかもしれないな・・って思いました。

だってこちらの話も聞かずに薬だけ処方しておしまい!って感じだと
ちゃんと診てよ!!!っておもっちゃいますもん~!

私もドクターショッピングする人かしら???(笑)


babuちゃん

こんにちはv-278

いえ、いえ、私にも babuちゃんが
おっしゃるとおりの気持ちがあります。

不調なのに、悪い所がない!と拒絶されたら
医者を信じる気持がなくなります。

こちらの疑問にしっかり答えてくれる医者だと
安心できますものね。

医者も患者の心理を勉強する必要性があります。

ホームドクター的存在な医者がある人は
なんでも相談できていいなあと思います。

私の出会ったブラジル人は
それに加えて 日本語がわからない という問題があります。

この日も医者の説明を 聞いたご主人が
何も教えてくれない、聞いたら怒られるから
という複雑な問題もあって お気のどくなのです。

香菜さん、おはようございます。

わしも以前、首が痛くて回らなくなったことがありました。(借金で・・・ではありません。笑)

整形外科などを4軒回ったことありますよ。

どこの病院に行ってもMAI撮っても答えは全部「何の異常もありません。」のひと言でした。
じゃあ、この痛みは何なの???
って感じで次々に診断をしてくれる医者を探したのです。

でも、結局わからず。。。
最後にいつもの主治医(産婦人科)に愚痴ったところ触診して「こりゃ重度の肩こりだよ。マッサージにいってごらん。」

ほんとにその通りでしたよ。

二ヶ月間わからずに痛みに耐えたのに、マッサージに行って治りました。

ドクターショッピング。。。やる人の気持ちがよくわかります。

訂正です。

↑のコメント・・・

MAI→MRIの間違いです。(汗)


こんにちは。コメントありがとうございました。

皮膚症状はなかなか医師も判断が出来ないようで、
アレルギーであるならば 
アレルゲンを見つけなくてはならないですし・・。

痒みはかなりのストレスになりますから可哀想。(>_<)
薬をやめてみて様子を見るのも手ですが、
医師に依存しているところもありそうなので難しそうですね。

お邪魔しました。

突然お尻を!!
え、ええー!?
それはすごいなぁ。
男同士でもなかなかできませんね。

私は仕事柄日系ブラジル人とは毎日顔をあわせています。
でも私はポルトガル語は話せません。
スペイン語には近いですがやはり違います。

彼女早く治るといいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

クーちゃん

こんばんはv-483

あ、その話、拝見したような気がします。

専門家がそんなに肩こりがわからないものかと
不思議にさえ思えます。

最後に発見してもらって良かったですね。
発見してもらうまでたった2カ月とはいえ
つらかったでしょう。

次からは、同じ症状の時に、まずマッサージと
思えばいいから ちょっと気が楽ですね。

複合された病気だと余計にわかりにくい
でしょうし、これから老齢化していく私には
おそろしくさえ思えます。

クーちゃん

<訂正について>
FC2は 管理者が 訂正できないので
すみませんねえ。
ライブドアは 訂正可能でした。

yuriさん

こんばんはv-483

ご訪問ありがとうございます。


私もアレルゲンを知るために 注射を打って
調べたので 知人に、そう伝えました。
赤黒いのも 湿疹+かきむしり の結果のようです。

日本語が全然わからないので 余計に不安が大きいようです。
今は仕事をしていないので知人の所へ来れたようです。

こやまっちさん

こんばんはv-484

彼女はリオのカーニバルのダンスを
踊ります。だから抵抗が少ないのかなあ?
とは私の勝手な解釈です。

こやまっちさんもブラジル人と接触があるんですね。
ハグも抵抗ないですか?
私は他人のを ゲゲ!という顔をしてみてるんで
誰もしてきませんが…。

ペルー人とブラジル人はお話ができますね。
うらやましい。



> 突然お尻を!!
> え、ええー!?
> それはすごいなぁ。
> 男同士でもなかなかできませんね。
>
> 私は仕事柄日系ブラジル人とは毎日顔をあわせています。
> でも私はポルトガル語は話せません。
> スペイン語には近いですがやはり違います。
>
> 彼女早く治るといいですね。

秘密さん

私は 香菜と書いて「かな」と読んでもらっています。

私の好きなパクチー = 中国語でシャンツアイ(香菜)

ということから「かな」です。

あら!まぁ!!!

う~~~ん・・・手っ取り早い説明方法ですね。
お国柄も影響しているのでしょうか・・・。

ドクターショッピング!
はーーーい、私、経験者です♪


今は昔・・・・・20年ほど前のこと・・・、
私は、パニック障害を発症しました。
突然の発作・・・それも、もう死ぬんじゃないか???と思うほどの苦しさに救急車のお世話になることは数え切れないほど・・・。

当時は、まだ、パニック障害という病名はない時代でした。
どこの病院に行っても、原因は分からず、病状はますます悪化していくばかり・・・、
そこで、どこの病院でも、あらゆる検査をしましたが、どこにも異常なし!

異常ないんだから安心すれば・・・と人は言いますが、それでも、体調は確実に超・超・超悪くなっていき、生活のすべてができなくなりました。

10件以上の病院にかかったでしょうか・・・、
それでも、どんな病気か分からず、
はっきり分かったのは、10年ほど前のこと、
『パニック障害』という病名・内容を新聞の健康欄で初めて見た時、
「これだ!」っと思い当たりました。

この病気は、古くて昔からあったようですが、研究が進んで、治療法が確立したのは近年になってのこと。まだ、専門医の少ない病気です。

が、
あ~~~、これで、行くべき病院がはっきりした・・・と、気分的にずいぶん楽になりましたが、その専門医のいる場所まで、たどり着けないのが実情で、なにしろ、乗り物にも乗れない状態だったのでね。

それでも、その病院へ行こう・・・と、思う熱意から、いろいろ探しまくって、近くの病院を探しましたが、ふふふ・・・ここまで病気を長くやっていると、ちゃんと勉強している医師かどうか・・・、初診でだいたいわかるようになるんですね~~~、そこで、再び、近くのドクターショッピングを開始。

出会いましたよ~~~、良き医師に♪
こうして、私のパニック障害は回復しましたぁ。

患者の話をよく聞いて下さって優しい言葉をかけてくださる医師はある意味では好きですが、病気をよく知らないのでは困るわけで、
愛想は悪くても、病気について詳しく理解できる医師なら、私は、そちらを選びます。
・・・患者も、勉強しなくちゃならない部分もありますけれどね。

って、
ドクターショッピングでは、こんな思い出があります、っていうお話でした♪

・・・病状によって、皮膚科など専門医の診察がいいですね。

私のように「心療内科」・ま、「神経科・精神科」と似たような科だと、偏見のある地域も多いので、ちょっと敷居が高い・・・かも。
でも、最近は、「メンタルクリニック」なんて言われるようになってきて、周囲の目も少しずつ変わってきたようです。

その女性、早く治るといいですね♪

マリン♪~さん

こんばんはv-483

うわ~!コメントをいっぱい!
ありがとうございました。

ドクターショッピング体験者なのですね。
でも、その結果、いいお医者様に出会えて
回復されて よかったですね。

まだまだ研究されていない症状だと
お医者様も研究不足で、患者さんも大変ですね。

友達の娘さんが パニック障害です。
毎日、娘さんのすけジュールに合わせて
母親が動かないとダメなようです。

マリンさんは 医者を観察、判断できる患者に
なられたんですね。
ドクターショッピングの間にベテランになられたんですね。

医者の名前の付け方で印象がずいぶん違いますね。
おしゃれな名前の所は 名前だけでなく
最新の勉強をしている気がします。
line
プロフィール

・香菜・

Author:・香菜・
日常のいろんなことを
書いています。

以前は お花や ビーズ、
洋画や 韓流ドラマ、
外国料理が好きでした。

line
最新記事
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
リンク
line
検索フォーム
line
FC2カウンター
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。