スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

与儀公園

きのう、自転車で、立体歩道橋を渡っていて
道路標示を選んでおられる瞬間に出くわしました。
23038601_4026202005s[1]
これは「混雑交差点」と書いてあるでしょう。
その前の表示は「交通安全」と見えています。
23038601_3136353683s[1]
23038601_587578554s[1]
23038601_363908210s[1]
これは「混雑交差点」と書いてあるでしょう。
その前の表示は「交通安全」と見えています。

この表示がたくさんあって 
ロール式にクルクルと変更できるのです。

文字だけでなく絵表示利用のものもあり
見憶えある表示がどんどん変わり
     ・
     ・
     ・
最終的にはこれで止まりました。↓
23038601_884355843s[1]
「追放 交通事故…」の字が見えます。



これを発見して、(おもしろ~い)と思い、
急いで自転車を停め、
バッグからデジカメを出し、
カバーを外して、本体を出したら


ありゃ、りゃもう、作業が終わりでした 残念


デジカメラを持ち歩くなら、
さっと出せる状態でないと意味ないですねえ



その後、この近くの公園で写真を撮りました。
ここのガジュマルを撮りたかったのです。
23038601_2966388577s[1]
*<ガジュマル>について ーWikipediaーより抜粋

樹高は20m。実は鳥やコウモリなどの餌となり、糞に混ざった未消化の
種子は土台となる低木や岩塊などの上で発芽する。
幹は多数分岐して繁茂し、囲から褐色の気根を地面に向けて垂らす。
垂れ下がった気根は、徐々に土台や自分の幹に複雑にからみつき
派手な姿になっていく。

ガジュマルの名の由来は、こうした幹や気根の様子である「絡まる」
姿が訛ったという説がある。

枝には輪状の節があり、葉は楕円形または卵形、革質でやや厚く、
毛はない。イチジクのような花序は枝先につき、小さい。

樹木は防風林、防潮樹、街路樹、生垣として、材は細工物として
利用される。燃やした灰で灰汁をつくり、沖縄そばの麺の製造に
用いられることもある。

沖縄県ではガジュマルの大木にはキジムナーと言う妖精のようなものが
住んでいると伝えられる。







お話かわって
ここの公園の片隅の「石焼芋」の軽トラ。
夏でも石焼芋が売れるようで年中おられるらしい。
23038601_3034855118s[1]










スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
プロフィール

・香菜・

Author:・香菜・
日常のいろんなことを
書いています。

以前は お花や ビーズ、
洋画や 韓流ドラマ、
外国料理が好きでした。

line
最新記事
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
リンク
line
検索フォーム
line
FC2カウンター
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。