スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

テーブルコーディネート講座

テーブルコーディネート講座へ行きました
21946749_4154557624s[1]
こんな感じの所です   (とみとんスタジオマンマ)
21946749_4005220211s[1]
勉強した内容をちょっぴりですが、伝授します。
ご参考になればうれしいです。




<おいしそうな盛りつけ方のコツ>(洋食の場合)

手前からむこうへ高く盛りつける
(一昔前のフランス料理は360度からきれいなようにだが、今は正面がある)

大きなものから盛り付ける
(最初に肉などのメインを置いて添え物を。向こう左から白・緑・赤)

配色を考える
(黄・赤は食欲増進、緑は新鮮に見え、白はおいしく見え、黒はしまる)

余白もお料理
かっこよくなる 料理:余白=1:2。(夏は余白多くすると涼しげ)

器合わせ
(相性次第で、普通にもなる、素敵にもなる)






<おいしい写真を撮ってみましょう>

おいしい写真←盛りつけ上手になるには
自分でやってみる。テレビや雑誌のマネをして研究、いろんなパターンで試す

午前中の柔らかい逆光で撮るのが 一番 質感・量感が出る

縦撮りの 三点構図が 動きとインパクトがある

ホワイトバランス・モード・測光方式など 自分のカメラの
操作を知って撮ると より良い

↓同じ盛りつけを3つの違うアングルで撮った例
21946749_3710916953s[1]
一番右の切り取りは 料理の広がりを感じ、想像力を高める









さて、ひととおり説明を聞いた後は いよいよ 実技です。
料理専門の先生が作った料理を おのおの盛り付けて写真に撮ります。
こんな感じ↓
21946749_1816046775s[1]
生徒は6人

21946749_2788114574s[1]
余白に「香菜の皿」とロゴを入れてみました。

21946749_825270573s[1]
撮ったあとは 私たちのお腹に。「ごちそうさま~」







最後に 先生の盛りつけ
21946749_2828933358s[1]
プロのは サラダがふんわりと盛られているでしょう。
そのコツを聞きました。

・葉物の水をしっかり切る
・葉物をちぎる時は、ねじらないで、真横に割るように分割する
・空気の流れをつくって盛り付ける
・何度も置くよりも一度に箸で高くつかんで皿に置くと、
   ふんわり自然に置ける
(↑これ、実技でお見せできないのが残念。差が顕著に出るのです)


よかったら みなさんも ぜひ、一度 挑戦してみてください。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。(^^♪

はい、この記事拝見しております。(^^♪

盛り付け方一つで料理も生きますよね。\(^o^)/

挑戦するって事はいいね

おばんでございます。
ふーん・・・なるほどなるほど、
いろいろなテーブル講座があるもんですねぇ。
香菜さんは、こうして学ばれたんだ(^^)
私が60になる前に、某アマの写真講座で四週ほど教壇に立ちました。
アマと言っても、最近のアマカメラマンは写真のノウハウは全て知り尽くしていますから、下手な理屈を喋っても通りません。
それと、女性のアマカメラマンが増えましたね・・・。それも豪華なカメラを買い揃えたりしてビックリです。

盛り付けでお料理の雰囲気も変わってくるというのはよ~~く分かります。
が、しないですねぇ^^; いけませんねぇ。

お料理の写真も撮り方しだいで美味しく感じたり空想を広げたりするんですね。

クリントンさん

クリントンさん、おはようございますv-266

何度も同じ内容で すみません。

記事の引っ越しが なかなか進みません。

どうでもいいような内容は捨てていますが捨てる内容が多いです。

pecoさん

pecoさん、おはようございますv-266

沖縄にはおもしろい講座がいっぱいあるんです。
プロレスのマスクを作ろうって講座もありました。
http://www.sakura-zaka.com/daigaku.html

一眼レフ講座は途中で脱落しました。
外国語のようでした。生徒は毎度何度も受講していて
先生がその人たちに合わせてたんです。
(別の所ですが 今は経営母体が民営化しました)

女性で一眼レフのかたは、よほどお好きか、
金銭的余裕があるかたのようです(私は借りました)

bashiままさん

bashiままさん、おはようございます。

おつきあい、ありがとうございます。

勉強したら その後 実技体験を積まないとダメなのに
ちょっと おさぼりで…。

香菜さん こんにちは~
前にも拝見しましたが、いちいち納得よね
盛り付け方
ほんと、大きめの器に 手前から奥へ、配色も考えて
実際には、材料不足や 手順などで メインは一番後に盛り付けることが多くなりがち
器も、そんなにいっぱいないし
私もブログの性格上、お料理の写真をひんぱんに撮るけど なかなか難しいです。
見た目と写真とのギャップ、かなり手前に盛らないと 中央に在るみたいに写らないなど、苦労してます。
今度、逆光もやって見ます 夕食を食べる寸前の撮影では 時間不足かな

ちいちゃん

ちいちゃん、こんにちはv-251

ちいちゃんは、丁寧に写真を撮ってますよね~。
手を洗って拭いて、カメラを何度も繰り返すのは大変よね。

撮影時の苦労、わかります。
私も、実物とカメラを通しての違いに戸惑います。
自分の好きな時刻を選んで撮れるわけでもなく
晩ご飯を作る時間に合わせるんですもんね。
いつも楽しみにしています。

No title

え~、いいですね!こんな講座はぜひ参加してみたいです♪
盛り付け方も勉強になりますね~(^^

こんこんゆきさん

こんこんゆきさん、こんばんはv-266

千葉よりも、沖縄のほうが 楽しい講座が たくさん、ありました。
また、参加したいです。
こんこんゆきさんの教室は素敵ですぅv-344
line
プロフィール

・香菜・

Author:・香菜・
日常のいろんなことを
書いています。

以前は お花や ビーズ、
洋画や 韓流ドラマ、
外国料理が好きでした。

line
最新記事
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
リンク
line
検索フォーム
line
FC2カウンター
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。