スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「奇跡のシンフォニー」

「奇跡のシンフォニー」には泣けました。
主役のフレディ・ハイモア君。
上品でピュアな面立ち。

「チャーリーとチョコレート工場」に出演していたことは
知っていましたが「ピーターパン」にも出演していたようです。
でも、私は記憶になくて…
(子どもは成長するからよけいにわからん)
すでに相当映画に出演しているベテランのようです。

この映画の中の彼を見ていると
身のまわりの生活音、自然のささやき音
そして楽器の音、歌声……
耳に入ってくるすべてのものがすばらしい!!!
という新鮮さが観客にも伝わってきます。

サントラがすでにたくさん売れてうるという事実にも納得です。

母親役のケリー・ラッセルは
ジャイアントベビーに出演していたらしい。
こちらもそう言われればそうかなあ?
という程度で…はあ、情けない。

父親役のジョナサン・リース=マイヤーズは
最後に名前が出てもホアキン・フェニックスが
改名したんだとばかりに思ってました。
でも、私の勘違いでした。 

映画のお話はこの3人が奇跡の出あいをするという内容で
最後はハッピーエンドで終わるということは想像できるのに、
それでも涙が出てきてしょうがありません。

年のせいか涙線がゆるくなっているので
主役の少年が音楽に感動するだけで
臨場しているかのように 一緒に感動しては涙…
の連続で 映画館を出る時は目が相当きつくなってました。


ところで、今 プレゼント実施中です。
答は映画を見ていなくてもわかります。
http://www.kiseki-symphony.com/campaign/index.html
こちらにてご覧になってくださいね。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
プロフィール

・香菜・

Author:・香菜・
日常のいろんなことを
書いています。

以前は お花や ビーズ、
洋画や 韓流ドラマ、
外国料理が好きでした。

line
最新記事
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
リンク
line
検索フォーム
line
FC2カウンター
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。